ごはん炊き

年長組の子どもたちが、おかまでご飯を炊きました。

P1340726 R

P1340725 R

P1340724 R

5月に発泡スチロールの田んぼに田植えをして生長を観察してきた 
稲を刈って干して脱穀・精米も子どもたちと一緒に行いました。

先生が火をつけ薪をくべてご飯を炊く様子を子どもたちは
「はじめちょろちょろ中ぱっぱ、ぶつぶつ言ったら火を引いて
赤子泣いても蓋取るな!」と唱えながら観察しました。
10分くらいすると湯気が出てきておかまと蓋の間から
吹きこぼれてきました。
火を弱め20分ほどで炊き上がりました。
火を引いて更に20分蒸らします。

P1340727 R

P1340731 R

P1340732 R

P1340736 R

その間に、畑で育てた蕪・大豆から育てたもやしと油揚げ・ネギ
の入った具沢山の味噌汁も出来上がりました。

P1340733 R

蓋を取るとぷ~んとごはんのいい匂い。
ボールに移すといい具合におこげも出来ていて、ごはん炊きは
どのクラスも大成功でした。

P1340739 R

P1340737 R

今日の昼食は、ごはんの味をしっかり感じられるように炊き立ての
ごはんと味噌汁のみ。
お茶碗は左、味噌汁は右に置き、茶わんやお椀は手にもって
箸を使って食べる経験もしました。
かみしめるごとに甘みを感じ「ごはんおいしい!」とお代わりを
して、ごはんも味噌汁も空っぽになりました。

P1340746 R

P1340750 R

P1340752 R

P1340756 R

ブログ最新記事

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

フォトアルバム