教育目標

心身ともに健康で調和のとれた人格の基礎をつくる
- いきいきと主体的に生活出来る子どもをめざして -

「子どもの心と体を育てる」それが幼稚園教育に課せられた大きな使命・役割です。
人間社会では「人と関わる力」、地球環境では「自然と共生する力」など、様々な“力”が求められます。
松葉幼稚園では、それぞれの幼児期の発達に適した様々な教育活動を通して、子どもたちが心身ともにバランスよく育つことができるよう、計画的に教育活動に取り組んでおります。

教育方針

生き生きと主体的に生活できる子どもを目指して

  • 日常的な生活がしっかりできる子ども
  • 協力ができ、思いやりが持てる子ども
  • 物事に興味・関心を持ち、知的好奇心のある意欲的な子ども
  • 話をよく聞くことができ、自分の考えを相手に伝わるように話すことができる子ども
  • 創意工夫ができる子ども
  • 動植物を愛し、情緒豊かな子ども
  • 健康で活力があり、丈夫な体を持つ子ども

園庭環境・コンセプト

遊ぶ! 育つ! 学ぶ! 楽しむ!

  • 「遊び心」「挑戦心」「運動能力」を育む固定遊具・可動遊具などの更なる充実を図ります
  • 「みどり溢れる自然環境」の更なる充実を図ります
  • 「自ら学び調べる事が出来る環境」を整備し、自然科学等への興味・関心・理解力を育てます
感性・情緒
みどり溢れる自然環境の中で生活し活動する事で、感性が磨かれ、 情緒も安定していくなど、「健全な心身の育成」に繋がります
挑戦・意欲
困難な事にも背を向けず、失敗を恐れず諦めず何事にも前向きに挑戦できる子どもを 育てたい!また、達成感や満足感を得ながら全身で楽しさを味わう事が出来る固定遊具 や可動遊具等を整備するなど、教育環境の充実を図ります
興味・関心
これは何だろう? 知りたい!! 調べてみよう!!! 小さな研究者たちは毎日研究三昧です 「自分で調べる事が出来る環境」を作ります 幼稚園は実は「子どもの研究所」なのです!
身体能力
身体能力の低下は生きる力の低下です しなやかで粘り強く、力強い心身を育てます